コラム

お手軽!手汗に効く2つのツボとは?

更新日:

手汗に効くツボがあるって聞いたんだけど…

 
合谷と労宮と呼ばれるツボが手汗に効くといわれているよ!

そもそも手汗が出る原因は?

「エクリン腺」「アポクリン腺」。手汗や脇汗・ワキガなどで悩んでいる方は、1度は聞いたことのある汗腺の名前だと思います。

これら2つの汗腺のうち、手汗の原因となっているのはエクリン腺です。

アポクリン腺がわきの下や耳の中など体の一部に集中して存在しているのに対して、エクリン腺は体全体に存在しています。
アポクリン腺から出る汗は、糖質やアンモニア、脂肪などが含まれていて粘り気があるのに対し、エクリン腺から出る汗は、成分の99%が水分でできておりサラサラしているという特徴があります。

エクリン腺から汗が出る原因は、3つあります。

1つは、温熱性発汗です。
温熱性発汗とは、体温調整のためにでる汗です。
たとえば、夏場など気温が高いときにかく汗は温熱性発汗といえます。この他にも、運動をしているときの汗は、汗が蒸発する際の気化熱によって体温を下げる役割があるので温熱性発汗といえます。

2つめは、味覚性発汗です。
味覚性発汗は、酸味の強いものや辛いものなどを食べたときに、神経が刺激されるためにでる汗です。

3つめは、精神性発汗です。
精神性発汗とは、ストレスを感じているときや緊張しているときなどにでる汗です。
自宅でパソコンを使っているときには手汗をかかないのに、仕事場でパソコンを使っているときには手汗をかくといった場合の汗は、精神性発汗といえるでしょう。
このほかにも、手汗が気になって手に意識がいってしまいもっと手汗が出てしまった場合の汗も、この精神性発汗です。

そして精神性発汗には、自律神経が大きくかかわっています。

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。
ストレスを感じたり、不安感、緊張しているときなどは、交感神経が活発になり、多く汗をかいてしまいます。
逆に、リラックスしているときや就寝中は副交感神経が働いています。

手汗に効くツボはここ!

人間の体にはおよそ365のツボがあるといわれています。
そのなかには、自律神経の乱れを改善したり、精神を安定させたりするツボがあります。

先ほどお話ししたとおり、手汗には精神的な原因が大きくかかわっています。
ツボを押して精神的な原因を減らすことで手汗が改善していきます。

いつでもどこでも手軽に押すことができるツボを2つ紹介します。

合谷(ごうこく)

1つ目は、合谷と呼ばれるツボです。
頭痛に効くツボとして有名ですが、そのほかにも肩こりや便秘、歯痛、ニキビなど様々な場所に効果がある万能ツボといわれています。
この合谷ですが、精神を安定させる効果もあるといわれています。

親指と人差し指の付け根が合流するあたりにあるくぼみがあり、そこが合谷です。
写真の印あたりですね。

押し方はいろいろありますが、反対の手の親指で「少し痛いけど気持ち良い」ぐらいの力加減で、3秒間押し、3秒間離すを繰り返すのが効果的だといわれています。

労宮(ろうきゅう)

労宮は、自律神経の乱れを改善したり、慢性疲労に効果があるツボといわれています。
他にも、精神を安定させたり、緊張をほぐしたりする効果があります。

労宮は、手のひらの中央あたりにあります。
手を握ったときに中指の先端があたる場所が労宮と言われています。
写真では印のあたりですね。

こちらも、合谷と同じく「少し痛いけど気持ち良い」ぐらいの力加減で押していきます。

まとめ

合谷と労宮は手のひらにあるツボなので、気軽に押すことができます。
ですので、テレビを見ながら、お風呂につかりながらなど思い立ったらツボを押す習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

ツボだけでなく、制汗剤も併用して改善していきたいという方は、こちらをご覧ください。

人気手汗対策グッズ、テサラン・フレナーラ・ファリネを比較

手汗対策グッズって、脇汗や足汗対策グッズに比べて市販されているものが少ないですよね。 そこで、ネット通販で探す人が多いと思いますが、結構数が多くて探すのに時間がかかったりします。 今回は、手汗対策グッ ...

続きを見る

-コラム
-,

Copyright© テサランは効果がないって本当!?徹底的に調べました! , 2017 All Rights Reserved.