コラム 比較

手汗対策でボトックスや手術をする場合いくらかかるの?

更新日:

手汗を抑制する方法はいろいろ考えられますが、主な対策として、市販の制汗剤を代用すること、ボトックス注射をすること、ETS手術をすること、手汗専用の制汗剤を使うことがあげられます。

市販の制汗剤やネット通販などで販売されている手汗専用の制汗剤は、ボトックス注射やETS手術と比べて安く手汗対策をすることができます。

それぞれの対策方法を1年間続けたらどのくらい費用がかかるのかを調べてみましたので紹介します。

市販されている制汗剤の費用は約9100円

ドラッグストアや薬局などでは、いろいろな種類の制汗剤が販売されていて、価格もバラバラです。
今回は、市販されている制汗剤の中でも人気が高いデオナチュレのさらさらクリームのコストを計算してみました。

さらさらクリームは、内容量が45gとなっていて、1回あたりに使う量は約1.5gです。
※公式サイトで説明されている両脇に使う量。手の場合増減する可能性あり。

1回あたり約1.5gなので、1日1回の使用であればおよそ1か月もつことになります。

Amazonで価格を調べてみたところ、1本758円でした。
したがって、1年間使い続けた場合は、758円×12本となり、9096円かかることになります。

やはり、費用が一番安いのは市販されている制汗剤でした。
ただ、市販されている制汗剤のほとんどは、脇汗やわきが、足汗用の商品です。
手汗対策の商品と比べると効き目の面で不安が残ります。

ボトックス注射の費用は約20万円

ボトックスは、アセチルコリンという発汗を促進する物質を抑制することによって汗を抑制しています。

ボトックス注射は、使う薬剤や病院によって値段は様々ですが、一般的に1回あたり5万円~10万円かかるといわれています。
重度の脇多汗症(原発性腋窩多汗症)の場合、保険診療となることもありますが、手汗の場合は健康保険が適用されず自由診療となります。

また、効果も永続的ではないことに注意が必要です。
効果の持続も使う薬剤による差や個人差がありますが、おおむね3か月~6か月間効果が持続します。
1年間効果を持続させるとなると、2、3回ボトックス注射をしなければならないことになります。

 

 

ETS手術の費用は約10万円

ETS手術とは、手汗の原因となっている交感神経を切断し、神経の動きを止めることで手汗を出なくするという手術です。
このETS手術は短時間で終わり、傷も小さいく体への負担が少ないことから近年人気となっています。
また、健康保険が適用されることが多いです。適用後の費用負担は、10万円程度というのが相場となっています。

ETS手術は交感神経を切断するので、その効果も永続的です。
効果が永続的であれば、10万円というのは安いと感じるかもしれません。

しかし、ETS手術には大きな副作用があります。
それは、代償性発汗です。

代償性発汗とは、その名のとおり他の個所から発汗することです。
たとえば、交感神経を切断することによって手汗は止まりますが、代わりに胸や背中、おしりなどから発汗します。

この代償性発汗ですが、出る汗の量には個人差がありますが、ほぼ確実に起こるそうです。

ですので、もしETS手術を考えているなら、病院でしっかりと手術内容や副作用のリスクなどのカウンセリングを受け慎重に判断してください。

手汗専用制汗剤の費用は約10700円

ネット通販で販売されている手汗専用の制汗剤はいろいろありますが、今回はコスパ最強のテサランの費用を紹介します。
テサランと他の手汗専用制汗剤のコスパは、テサランの量は?使える期間は?他の製品と比較してみた!で検証していますのでよろしければご覧ください。

テサランは、公式サイトで購入すると全額返金保証制度を受けることができるので、公式サイトで購入することをオススメしています。
公式サイトは、単品販売とセット販売があります。セット販売の方が1本あたりの料金が安くなるので、セット販売で購入することを想定して1年あたりにかかる費用を計算してみました。

3本セットの価格は10735円で送料は無料です。はじめてテサランを購入する場合、さらにおまけでもう1本テサランがついてきます。
テサラン1本は、1日2回の使用でおよそ3か月使うことができますから、4本あれば1年間使うことができます。

ですので、1年間で約10700円かかることになります。

1日3回使用する場合は、1本をおよそ2か月間使うことができます。ですので、1年間使う場合、6本必要となります。
2本セットは、8597円となっています。
したがって、1年間で約19300円かかることになります。

それでも、ボトックス注射やETS手術と比べると、かなり安くで手汗対策をすることができます。
市販されている制汗剤と比べると少し費用がかかりますが、他の部位の制汗剤を流用するよりかは手汗専用商品なので、効果が期待できます。

市販されている制汗剤では心もとないけど、ボトックス注射やETS手術をするほどではない場合やそこまで費用をかけられない場合には手汗専用の制汗剤を使ってみるのも一つの手だと思います。

人気手汗対策グッズ、テサラン・フレナーラ。ファリネを比較でそれぞれタイプの違う制汗剤の比較をしていますので、自分に合いそうな手汗用制汗剤を探してみてください!

今回紹介したテサランの公式サイトはこちらです。
テサラン公式サイト

-コラム, 比較
-,

Copyright© テサランは効果がないって本当!?徹底的に調べました! , 2017 All Rights Reserved.